5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ようやく、しおらしくなってきた韓国サッカー1684

401 :[ホ・ジョンムのサッカー考え]負傷防御は重要なテクニック:04/04/16 16:13 ID:Rvstr2kZ
催成局が14日マレーシアとの2004アテネオリンピックアジア地域最終予選競技(景気)途中
鼻の下を迎え意識を失う不祥事にあった.去年10月7日香港との2次予選競技で右側鎖骨が
複合骨折された以後二番目負傷だ.

国家代表チームでは金度勳が去年12月10日東アジア選手権大会日本戦で右側ほお骨が陷沒
されたし,引き続き18日にはソルキヒョンが2006ドイツワールドカップアジア地域2次予選
レバノン前で左側ほお骨をけがをして手術台に上がった.李ガンウは去年10月21日傲慢と
の2004中国アジアンカップ最終予選で後頭に迎え気を失った.

負傷の第一理由は疲れ累積によるコンディション悪化だ.よく‘身がよく遊ばない’と言
うほどに疲労が積もれば無理な動作をするようになってこの時負傷が訪ねてくる.相手選
手との身体接触もなしに倒れることは大部分この場合だ.

二番目は適切ではないプレースタイルのためだ.ドリブルやシュート,パスする瞬間相手の
査定圏に入れば価格機会をたくさん与えて負傷危険は大きくなる.激しいサッカーをする
ヨーロッパの選手たちの負傷が少ないことはタックル距離内でボールを持っている時が珍
しいからだ.私たちより技術水準や体格が良いが彼らは必ず相手が飛びかかる前にパスを
するとか予防措置をする.相手を近く置いた状態でボールをひくとか無理なドリブルをす
る例を捜しやすくない.

三番目は競技力がおくれる相手と対立する時だ.この時は特別な注意が必要だ.私たちが強
い相手と対立する時どんな心得で競技場に出るかどうかを思えば良い.しかし露骨的な腕
力沙汰や身体接触時には主審が直ちに退場命令を下げるから選手自分が気を使えば無防備
状態に露出しているのではない.スライディングタックルやジャンプの時は必ず自分防御
のための技術を書かなければならない.

負傷は選手自分の損失に止めないで仲間たちの買うのを落として競技(景気)リズムを失う
ようにするという点で深刻な後遺症を生む.競技(景気)または訓練の中で負傷は不可抗力
的な場合もあるが単純な不運で心に刻んでおくのでもない.科学的な理由があって当然予
防も可能だ.けがをした当事者には無実に聞こえるかも知れないが立派な選手は易しくけ
がをしない.
   客員記者 スポーツソウル

300 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)